税理士依頼のメリット

  • 管理者
  • 2017-06-09
  • 未分類
  • 税理士依頼のメリット はコメントを受け付けていません。

実際に会社を設立するにあたり、本当に会社設立をしなければならないか、はたまた自分は個人事業のままでいいかを会計事務所の税理士に相談してみるのも方法ではないでしょうか。誰もが会社設立するものの、あなたのケースでは会社設立が妥当ではないのかもしれません。

法人化するメリットは個人の場合には、その所得が全て事業主個人のものとなりますが、法人となることによって配偶者だけではなく、役員など事業主以外に対しても給与を支払い、または法人内部に留保するなどの所得分散をすることが出来ます。このような方法によって所得税などを節税することが可能になります。個人のままでいれば、事業主自身に対する退職金は必要経費として認められてはいませんが、法人によって事業主に対する退職金も原則として法人の費用とすることが出来ます。

実際に個人の場合生命保険料を支払いしたとしても、年間で最大12万円までの所得控除しか認めてもらうことが出来ません。しかし法人のケースでは、事業主を被保険者とする生命保険に加入することが出来、最大12万円という制限枠をなくすることが出来、保険料の一部または全部を法人の費用とすることが出来ます

更に会社設立時に会計事務所・税理士をパートナーにすることでもっと多くのメリットを得ることが出来るのです。