税理士依頼のメリット


実際に会社を設立するにあたり、本当に会社設立をしなければならないか、はたまた自分は個人事業のままでいいかを会計事務所の税理士に相談してみるのも方法ではないでしょうか。誰もが会社設立するものの、あなたのケースでは会社設立が妥当ではないのかもしれません。

法人化するメリットは個人の場合には、その所得が全て事業主個人のものとなりますが、法人となることによって配偶者だけではなく、役員など事業主以外に対しても給与を支払い、または法人内部に留保するなどの所得分散をすることが出来ます。このような方法によって所得税などを節税することが可能になります。個人のままでいれば、事業主自身に対する退職金は必要経費として認められてはいませんが、法人によって事業主に対する退職金も原則として法人の費用とすることが出来ます。

実際に個人の場合生命保険料を支払いしたとしても、年間で最大12万円までの所得控除しか認めてもらうことが出来ません。しかし法人のケースでは、事業主を被保険者とする生命保険に加入することが出来、最大12万円という制限枠をなくすることが出来、保険料の一部または全部を法人の費用とすることが出来ます

更に会社設立時に会計事務所・税理士をパートナーにすることでもっと多くのメリットを得ることが出来るのです。

税金の認識


最近では会社設立時を機会にして、士業に依頼することをしているケースはとても多く見ることが出来ます。個人業ならそれほど慌てる必要もないのかもしれませんが、やっぱりある程度の規模の会社設立を考えるのなら、手続きも煩雑なものとなり、なかなか一人でスムーズに片付く問題ではありません。

しかし、士業に相談することを決定するものの、一体誰に相談していいかまだ迷っている人たちも多くいらっしゃるのではないでしょうか。士業というものの、それぞれ役割分担が違い、会社を設立しようと思っている人たちはある程度そのようなことも区別する必要があります。法人登記に関しては司法書士が行うべきものであり、自治体役所への手続きは行政書士の業務のカテゴリーにあると言っていいでしょう。

そして、会計事務所の税理士が何を専門分野にしているかといえば税務に関することです。税務署への届出はもちろん会計事務所に任せることが出来ますし、会社設立時の判断、選択についても税理士に相談することで、後々の納税に対して大きな影響を与えることになります

会社を設立する上でみなさんは税金というものに対してどのような理解・認識をしているのでしょうか。まずみなさんはそれを最初に考えておくべきではないでしょうか。

【参照リンク】弁護士法人アディーレ / 会社設立無料相談